« 血尿と尿結石 | トップページ | 入院中のタンタンと退院後のチョビの様子 »

2012年11月30日 (金)

願いも虚しく、一泊入院

26日、夜からまたトイレの回数が増えてきました。

27日、抗生剤を打って2週間経つので病院へ

トイレの回数が増えているので、カテーテルを入れて貰い膀胱を洗浄して頂こうと思ったので今回は尿を採らずに行きました。

まずは、前回出来なかったエコーの検査

結石はしっかり残っていました。

尿検査をしなくても、膀胱洗浄の際血が出ていることは一目瞭然

Dscn6217

(チョビはお水を飲ませて貰うのが大好き)

先生から「手術をした方が早く楽になれるかなぁ…費用も手術の方がかからないかも…」と言われましたが、「じゃあ、手術お願いします。」とは言えませんでした。

夜、チョビのトイレの後シートを見ると茶色いブツブツが数粒落ちていました。

それは以前見たことのある結石と思われる粒でした。

もしかして、良くなってきているのかも…と思ったのもつかの間

だんだん1度の尿の量が減ってきて、トイレの回数が増え始めました。

28日、朝には数滴の尿しか出なくなり、午後(午前は休診)病院にはしりました。

入口から3cmのところからどうしてもカテーテルが入らず、麻酔をして処置して頂くことになり急遽一泊入院することに…

先週は試合があったり仕事が入ったりして、お薬を飲ませるのを忘れた日もあり後悔しかありませんでした。

至らない私ですが、対応は早いのでチョビは痩せることもなく元気にしています。

現に100g体重が増えて7㎏ジャスト(全然喜ばしいことではありませんが)

Dscn6277

チョビ「僕の体重を持ち出すなんて反省が足りないなぁ…」
(久々、チョビの怒り顔)

追伸:ここ数日キラリ、ポチのお返しが出来ていなくてごめんなさい。

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

|

« 血尿と尿結石 | トップページ | 入院中のタンタンと退院後のチョビの様子 »

「猫」カテゴリの記事